−「おいしい新米が食べたい。」ならこちらの農家へ−

2015年08月14日

あきたこまち 人気 産地

あきたこまちはすっきりとしていて和食のごはんにもってこいですが
その中でも大人気な産地があります。

「大潟村」産のものですね。
ここでは広大な面積に作付していますので品質が安定しています。
複数の農家さんが集まってお米生産のおかげで統一した体制を保っているからだと思います。

今後の日本の農業モデルとしても興味使いものがありますが
何よりも高品質で低価格を実現できていることが素晴らしいですね。

大潟村のお米には今後も期待していきたいです。


【関連する記事】
posted by グリード at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 米 通販 あきたこまち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月12日

七夕コシヒカリ

「七夕コシヒカリ」という品種を知っていますか?
珍しい名前を付けてあったので理由を調べてみました。

なんでも佐賀県で一番早い旧暦の七夕(8月7日)頃に収穫するからこの名前だそうです。
なかなか素敵なネーミングですね。

この暑い時期に収穫するとか農家さんは本当に大変ですね。
その苦労もあってか、粘りと甘味が非常に強いのが特徴で
炊いた際のごはんは柔らかく仕上がるそうです^^

白石地区のお米はすでに初出荷していますので気になる方は
一度食べてみてはいかがでしょうか
posted by グリード at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 米 通販 コシヒカリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月11日

米高級 ブランド

お米は産地で決まる!ということは昔から定説なんですが今回はちょっと違った話を。。。

以前も書かせていただいたんですが

⇒棚田米


この話をちょっと掘り下げていこうかと思います。

なぜ、棚田米が美味しいのか?!の謎に迫りましょう!
お米に必要なのは平野と水なんですが
なぜ深い山合いで美味しいお米がとれるのかというと「水」なんですね。

平野というのはどうしても新鮮なお水を供給しにくい訳です。もちろんそこでいい水を調達して作っている方もいますしだだからこそブランド米として名を刻んでいるですけど・・・

収穫量は少なくとも豊かな土壌といい水で作ったお米が美味しいのは当然です。
そのバランスが守られているのが棚田という訳なんですね。

一度棚田米を食べてみるといいですよ。なんかおじいちゃん家で食べたあの味のような気がします(笑)
ラベル: 高級 ブランド
posted by グリード at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 米 通販 高級 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。